×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハンバーグって

ハンバーグといえば日本を代表するメニューですね。煮込みハンバーグや豆腐ハンバーグなどその種類も最近では増えてきました。洋食のはずなのに日本を代表するというのも何か面白いと思いませんか? 例えばアメリカに行ってハンバーグを食べようと思ってもどこに行ってもハンバーグというメニューはありません。ハンバーガーがあるのにハンバーグがない? そんな話題をレシピ、作り方と共にいくつか用意しました。

ハンバーグの由来

ハンバーグの名前の由来はドイツの都市『ハンブルグ=Hamburg』を英語読みにした事は皆さんご存知だと思います。もちろん煮込みハンバーグや豆腐ハンバーグなんて昔はなかったでしょうけどね。

ではドイツが発祥の地かというとそうではないんですね。もともとはモンゴル系の民族、タタール人からヨーロッパに伝えられたものなのです。タタール人は馬を使って他国へ侵略するという古典的(まあその当時はそれが当たり前ですが)な方法で各地へ移動していました。その時に行程中の食料を用意しなければならない。でもそんなに大量の食料を持っていくことも出来ない、という事で一石二鳥の方法を考え出しました。それは馬を何頭も余分に連れて行くという方法でした。そして乗り潰して使えなくなった馬を殺して、その肉を食料にしようと考えたのです。ところが軍馬でそれも長丁場重い荷物を引いたり
人を乗せてきた馬の事、肉が硬くてどうしようもない。そこで彼らはミンチにしてそれを固めて食べるという方法を思いつきました。

ハンバーグの作り方

ハンバーグの一番ポピュラーな作り方は、牛肉と豚肉の合挽きを利用します。好みによって量は調整してください。あとはタマネギ、パン粉、玉子そしてしお、こしょうなどの調味料、ナツメグもあれば美味しく出来ます。これだけあれば誰でもすぐに作れます。
焼き方の注意は中火で片面を焼き、途中でフライパンをゆらしてこんがりと焼き色をつけて裏返す。ふたをして蒸し焼きにし、中までよく火を通 して、皿に盛りつける。これだけです。

ハンバーグにかけるソースですが、マッシュルームをスライスしたものを入れるのが一般的なようです。ハンバーグを焼いたフライパンの残り汁にトマトケチャップと赤ワイン、そしてスライスしたマッシュルームを入れて火にかけます。マッシュルームは缶詰を利用してもかまいません。赤ワインを入れると断然味がよくなりますので忘れないようにして下さいね。あとはあなたのアレンジ次第で美味しいハンバーグが出来上がりますよ。